地盤調査を正確に行なうために平板載荷試験で計測しよう

作業員

地震対策は地盤から

作業担当者

データの信頼性が重要

保有している土地に住宅などを建築する際に最も気になることの一つに、「自分の土地の地盤はどうなっているか」ということであろう。地盤が緩い土地にそのまま建てると、家が傾いたり弱い地震で倒壊したりとリスクが大きい。しっかりとした地盤調査を行い、対策を講じることが安全な建物を建てる第一歩である。地盤調査の方法は様々あるが、その中の一つに「平板載荷試験」というものが挙げられる。この試験は、対象となる地面に穴を掘って円盤を設置し、荷重をかける。円盤の沈み具合で地盤の強さを診断するというものである。現在行われている試験の中では、唯一地盤の強度を直接計測できるのが「平板載荷試験」である。そのため、信頼性が高いのが特徴で、様々な場面で用いられている。

安全な家を建てるために

平板載荷試験は短期間で地盤の強度を直接計測することができるのが最大のメリットである。プレハブ住宅など短期間で簡易な建物を建設する際には大きな効果があるため、この試験はよく利用されている。この平均載荷試験では0.6メートルまでの地盤について調査ができる。家を建てるためには、よくスウェーデンサウンディング試験などが用いられている。この試験では地盤に直接荷重をかけるわけではない。そこに平板載荷試験を組み合わせることによって、データにより正確性が増す。地盤の強度にあった基礎の選択など、より丈夫な住宅が建設できることにもつながるのだ。南海トラフなど大きな地震が発生する確率が高くなるにつれて、耐震についても大きく叫ばれるようになってきた。そこでこの平均載荷試験が採用されることが多くなってきているのだ。

火災の被害を最小限にする

ヘルメット

防火対象物点検は、ビルや商業施設など不特定多数が出入りする施設について、原則として1年に1回防火体制の整備状況を点検し、消防署に報告する制度です。火災発生時における被害の拡大を未然に防ぐという趣旨のもとに行われます。

土地を高く売るために

作業員

土壌汚染調査の結果によって土地の価値が変わります。問題が無ければ高く売ることができるため、しっかりと調査を行いましょう。売る前に土壌汚染調査をすることで、土地売買のトラブルをなくすことができるのです。

調査を行うメリットとは

地盤改良

住宅を新たに建築する際には地盤調査が必ず必要です。調査結果をもとに必要なら地盤改良を行うことで地盤保証がなされます。この保証があることで住宅を建築した後も数十年地盤に対して保証してもらえ、安心して住むことが可能です。